伊予市にあるプロ講師の指導による「自立型個別対応専門塾」の進学ゼミBe Style(ビースタイル)。プロ講師による小、中、高の一貫教育で一人ひとりの個別学力向上を追及しています。2週間無料体験や転塾支援制度も実施しています。
ブログ

塾長ブログ

『思考する』にはそれなりに「すきまの時間」がいる~モーツァルトを比喩として~

現行のセンターテストの代わり、「共通テスト」というものが導入されることになっている。国語(評論)と数学にのみ記述式が追加されるだけで全体にマークシートという形式はそれほど変わることはない。しかし、新しく導入する際の大題目 …

人は”食べたもの”でできている そして”読んだ”ものでもできている。

夏休みの宿題の定番に読書感想がありますね。そう、いつも「何、読もう。」読んだけど「何書こう。」と思っているうちにどんどん時が過ぎ、休みの最後になって、「やっとできた」となるアレです。 しかし読書というものは宿題が出たから …

なぜ本を読むといいの?

高校生までに獲得しておきたい「学力」とはどのようなものでしょうか?ざっくりと言えば「高校生になって『岩波文庫』あるいは『岩波新書』を手にとって読んでみようかなと思うことができるレベル」と言えるでしょう。 「文庫」は約90 …

新学年になり、身体検査

~ちょっと立ち止まって「メートル」って? 身体検査で身長を測ってもらい、1 M 00 CM って言われます。 自分でも自分の身長はその単位で自覚していますね。 でも、ちょっと立ち止まってみて。 「メートル」って何語? 元 …

お正月に「ひらがな」をもう一度見直してみよう

日本語にもし「ひらがな」がなかったら、どんなに窮屈だったでしょう。漢字は 意味を持つ文字ですから、使うにはとても便利なものですけれども、それだけで、書かれたものだけでは、細かいところまで表現できないですよね。 ひらがなが …

じゃがいもからでも学べる   ~地理・歴史・理科

十二月ともなると、やはり暖かい食べ物がいいですよね。おでんとか、シチューとか。そのシチューですが、じゃがいもが入っているのが定番でしょう。今や、世界中で食べられている「じゃがいも」ですが、「じゃがいも」を「地理」の知識で …

「わかる」を「できる」に変えるのは?

十八世紀末におこった産業革命以来、地球温暖化は進み、その差はもうすぐ1.5度にもなるという発表が先月、国連から出ました。 温暖化によると思われる異常気象は、今年、日本でも数々みられましたね。1.5度の上昇は農作物への影響 …

自分なりの部活の定義をきちんとしておこう

この夏休み、部活動に一生懸命打ち込んでいる諸君がたくさんいることでしょう。 中学生・高校生を長年見てきて、これまでずっと感じていたことですが、日本の、特に運動部の活動の長時間拘束には違和感があります。 大学のアメリカンフ …

天才といわれる人は勉強している

~何もないところから「ぱっと」浮かぶのではありません~ 君達が「ぱっと」答えがわくるとよく「天才」と言ってしまう場面に出くわします。 しかし、それは「天才」と呼ぶ状況ではありません。 何か問われて「ぱっと」答えが浮かぶと …

AI時代を生き抜く ~「大谷なるもの」

アメリカの大リーグで「二刀流」というスタイルで挑戦している大谷選手の活躍は皆さんもよく知っているでしょう? 彼のどこがすごいのでしょうか? 彼をよく知る人であればあるほどその「運動能力」以上に彼の「頭の良さ」を評していま …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 進学ゼミBe Style All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.