伊予市にあるプロ講師の指導による「自立型個別対応専門塾」の進学ゼミBe Style(ビースタイル)。プロ講師による小、中、高の一貫教育で一人ひとりの個別学力向上を追及しています。2週間無料体験や転塾支援制度も実施しています。
ブログ

塾生ブログ

「大いなる人生を生きるために」

矢野信高 中学3年 僕は第4話を読んで、「自分は何をするべきなのか」「自分は何がしたいのか」このことをしっかりと考えて、これから生きていきたいなと思いました。 今まで自分は、高校で自分のしたい事を考えようと思っていたけれ …

「成績再生10原則」その5

秋山 唯【我勝道に徹する・ライバルは昨日の自分】 私は、これからの人生というものを、あまり考えずに生きていたと思います。せっかくの私の人生なので、死ぬ時に満足感をもちたいです。なので「我勝道」を極め、熱く熱く生き切りたい …

「成績再生十原則」

栗原 小雪 中学3年 私は、今まであまり時間を有効に使えていなかったと思います。それは、目標やテーマを決めていなかったからだと思います。とりあえず、与えられた分だけをやっていたから、あまり成績も伸びなかったと思います。な …

「自分の部屋を勉強を要塞化する!」

早川美咲 中学3年 私は、部活をしていたとき、顧問からのアドバイスを紙に書いて部屋中に貼っていた。そうすることで、練習でそれを意識することができ、上達に繋がった。 勉強でも同じことをすると、同じように役立つと思った。勉強 …

「小さいことにくよくよするな!」

青木優梨 小学6年生 小さいことを気にせず、相手の気持ちも考えたら良いことがよくわかりました。小さいことにくよくよしていたら、人生の楽しみに気づかないから、人にもっと人に優しくして、小さいことにくよくよせず人生を楽しんで …

「小さいことにくよくよするな」

青木愛梨 中学1年 私は、この本を読んで自分の悩んでいたことや、腹を立てていたことが、とても小さく感じて気持ちが楽になりました。そして、確かに少し落ち着けば済むことなのに、いちいち腹を立てたり、悩んだりするのに時間を使う …

「小さいことにくよくよするな!」

大野航平 中学1年 僕もこの本のように、小さいことでくよくよしてしまうことが多々あります。例えば、学校の先生などに叱られた時に、「自分はダメだな」などと思い、落ち込んでしまいます。 でも、この本を読んで、こんな小さいこと …

「思いやりは訓練で育つ」

中田菜夏 中学1年 思いやりは、相手の立場に立って考えることが大切だと思いました。私も相手の悩みや苦しみを認識し、寄り添ってあげられるようにしたいです。

「未来を拓く君たちへ」

白石桃子 中学3年 著者が述べているように、この本を読んでいる瞬間は「奇跡の一瞬」というように、人生という登山をしていること、つまり、今、生きている中で出会うものすべてが奇跡なんだと思いました。 私の登山はまた始まって間 …

「小さいことにくよくよするな」

西山 純 中学1年「完璧な人はなんてつまらない。」 ぼくは、この本を読んで本当に完璧な人ってつまらないと思いました。悪いところばかりを見ていると、人に優しく接するという大きな目標を見失ってしまうという文が心に残りました。 …

1 2 3 8 »
PAGETOP
Copyright © 進学ゼミBe Style All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.