人生は不公平が当たり前

三浦圭太(中1)

人生は不公平だという事実を認めると、自分を気の毒がらずに済むようになり今持っているものを最高に活かそうと自分を奮い立たせるようになるということが分かりました。また、この事実を受け入れれば、人を気の毒がることもなくなるということも分かりました。人生は不公平だからといって全て諦め、自分自身の人生か社会の向上に努めなくてもいいということではなく、だからこそ努力することが大切だという事も分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です