中学校生活をふり返って ~中3 K・Tさん~

この三年間は自分にとってもいい期間だったと思います。
基本的に早くから松山工業高等学校合格や成績を上げることなどの目標を決められたおかげだと思います。中学1年の時は運動会をしんどいと思っていたけど、2年、3年になっていくうちに1日1日の練習が大切にできるようになれたので、そこは良かったと思います。
自分は何より多くの先生方と話すことができて良かったと思います。先生たちは常に自分たちに教えてくれたので積極的に自分から先生たちに話しかけてよかったと思います。もちろん部活動でも、全国3位の先輩たちに短い期間でも、一緒のグラウンドでたくさんの事を学べて、本当にめぐまれたと思いました。この塾に来て、たくさんの事を学ぶことができました。それまでよりもかなり勉強についやす時間を多くすることができ、それにともなって成績も上げることができました。この塾に来て、中学入学の時に決めた目標を9割は達成することができました。でも、さっぱりあとの1割は3年間でも無理でした。中学校の行事などは一生懸命に楽しむ事もでき、メリハリをつけた中学校生活ができたと思います。本当にたくさんの事があったと思います。自分の中では1日が長いと思う時もありましたが、本当に速すぎる3年間でした。高校に入ったら、今よりもっと中学校を卒業した感がでると思うので、つらくなると思います。卒業式では、なるきの文がかなりしみました。小学校の卒業式とは全然違って、9年間一緒に同じ場所で勉強と運動をしていた友達と、別々になるということを本当に体感した卒業式では、後悔ばかりが自分にきて、つらかったです。部活が終わって、みんなでプレーできなくなった時はそうとうつらかったですが、卒業式はもっとつらかったです。でも、それほど、この9年間の最後は大切なんだと思いました。なので、これから高校での3年間の1日1日を今まで以上に大切にしていきたいと思っています。本当にこの学校のこの学年で良かったと思っています。本当に楽しかったし、うれしかったです。
なので、この9年間の全てに感謝したいと思います。

中3 K・Tさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です