「満たされた人生を生きるには」

日野 未琴(中3)
満たされた人生を生きるには、明日の「死」を覚悟して生きるとあり、確かにそうだなと思いました。
でも、今の自分は人生なんて終わる気がしなくてずっと永遠に続くんじゃないかと思っている気がします。
まだ成人もしていないし、十数年しか生きていないからまだまだ、と思っていますが、
別に「いつ死ぬか」わかっていないのに、「まだ死なない」と確信を持っている自分がいます。
それが本当に怖いことだと思いました。
あと30日しか生きられないと言われると一日一日を大切に生きると思うし、
あと30年しか生きられないと言われると30日にしろ30年にしろ、
いつかは終わるのに考え方が全然違ってくるなと思いました。
人はいつか死んでしまう、しかしそのいつかが、わからないから私たちはこうやって一日を大切にできないのだと考えます。
でも分からないから大切にしなくていいという事ではなく、
分からないからこそ大切にしないといけないのだと思いました。
どうしても向き合いたくない「死」は平等にあり、
絶対に向き合わなければいけないのであれば、素直に向き合える自分になりたいと思います。