「満たされた人生」を生きるために

早川颯(小6)

満たされた人生とはなんだろうか、それは「充実した人生」ではなく一日一日を大切にし時間を大切にする人生だ。もしも、自分の人生が80年だとしてら僕は焦らず余裕を持って生きるだろう。しかし、後一年だとしたら僕は、一つ一つのことに集中し大いに人生を楽しむだろう。この一週間、僕は何となく生きてきた気がした。生きている喜びと密度ある人生を歩んで来てはいない。この本を読み終えた時、僕は満たされた人生を歩み続けるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です