「なぜ働くのか」

久保田真海(中2)

現実に流されないための力を身につけることはとても大切なんだと思いました。現実に流されていると狭い世界しか見えなくなり人間の中身が空虚になっていくことが分かったので、自分が社会人になる前に現実に流されない力をつけていきたいと思いました。流されない力とは自分の「思想」を持つことだと学んだのでこれから自分という意味だとわかったので「思想」を身につけたいです。しかし、「思想」を身につけるためには「覚悟も必要だと書いていたので、これからこの本を読んでしゃかいでも現実に流されずしっかり前を向いて進んでいける人になれるように頑張っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です