成長し続ける人生をいきるために

逢澤柚希(中2)

「成長し続ける」ということは、命が尽きる時まで人間として成長することだと分かりました。そして人が成長し続ける上で大切な「3つの真実」も知れました。その真実を受け止め、目を逸らさず向き合っていこうと思いました。自分の人生で巡り会った人を大切にすることは「自分の人生」を大切にすることと繋がっていることに驚きました。しかし、考えてみると自分の人生は今まで出会ってきた人が居てこそのものだと分かりました。出会った人には感謝をし、苦手な人にもきちんと正面から向き合っていきたいと思いました。出会った人、またこれから出会う人と「互いに成長する」ことができるよう出会いを大切にし、どんな人にも「正対」するようにしたいです。先入観などで人を決めつけず、向き合っていきたいと思いました。自分に与えられた限りのある人生を自分のためだけでなく多くの人々のために使える人になりたいと思いました。生きている限り「死」はいつか訪れるけれどその死とも向き合えるようにならないといけないと感じました。「成長」の最終段階としての「死」というキュブラー・ロスの言葉が心に残りました」。人は死ぬまで成長し続けれるんだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です